2020年10月26日

「類義語」の迷いを一気に解消!(47)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編15】

29.「〜の上に」 on vs. over

◆解説◆
on も over も「〜の上に」という意味の前置詞ですが、 きちんと違いを
理解して使い分けられているでしょうか。on は「接触」を表し、over は
「接触していない」状態を表します。

………………………………………………………………………………………

30.「結局」 after all vs. in the end

◆解説◆
after all は文末で使われ、「結局のところ」という意味を表します。結
果に至るまでに不安な気持ちがあった場合や、期待に反した場合などに用
いられるのが通例。ちなみに文頭で使われるときには、「そもそも」など
前文への理由や補足などを示す表現にもなります。 in the end は、単に
「結論」や「結果」を導くフレーズで、「最終的には」という意味です。
posted by 朝日出版社 at 12:43| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(47)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編15】

29.「〜の上に」 on vs. over

◆解説◆
on も over も「〜の上に」という意味の前置詞ですが、 きちんと違いを
理解して使い分けられているでしょうか。on は「接触」を表し、over は
「接触していない」状態を表します。

………………………………………………………………………………………

30.「結局」 after all vs. in the end

◆解説◆
after all は文末で使われ、「結局のところ」という意味を表します。結
果に至るまでに不安な気持ちがあった場合や、期待に反した場合などに用
いられるのが通例。ちなみに文頭で使われるときには、「そもそも」など
前文への理由や補足などを示す表現にもなります。 in the end は、単に
「結論」や「結果」を導くフレーズで、「最終的には」という意味です。
posted by 朝日出版社 at 12:41| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(46)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編14】

27.「最近」 nowadays vs. recently

◆解説◆
どちらも「最近」「近頃」の意味で、現在進行形や現在形の文では入れ替
え可能な場合もあります。 nowadays は recently より口語的で、「昔は
違った、昔はよかった」というニュアンスを含む内容とは好相性。また、
比較的「ゆるやかな変化」や「昔とのかなりの違い」について使われるこ
とが多いのも特徴です。 ビジネスやフォーマルな文章では、recently が
より適しています。

………………………………………………………………………………………

28.「特別に」 especially vs. specially

◆解説◆
意味もスペルも似ていますが、しっかり使い分けましょう。specially は
「(ある特定の用途・目的に合わせて)特別に」という意味なのに対し、
especially はひとつの人物・機会・状況などに言及して、 「(同種の中
でも)特に」「(いつもより)特に」という意味を表します。
posted by 朝日出版社 at 12:39| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(45)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編13】

25.「バカな」 foolish vs. stupid

◆解説◆
foolish も stupid も「バカな」と訳せますが、その性質は異なります。
foolish は wise(賢明な)の反義語で、 衝動的で愚かな判断や、思慮に
欠ける行為を表すときに用います。 stupid にも「賢明でない、思慮に欠
けた」の意味はありますが、foolish との違いは主にその「愚かさの度合
い・重大さ」で、 stupid の方が程度が甚だしく、より深刻な結果につな
がりかねません。さらに、stupid が表現するのは、「知性や常識の欠如」
「物事の理解力不足」などにも及びます。

………………………………………………………………………………………

26.「約〜」 around vs. nearly

◆解説◆
「約〜」とひと言で言っても、その内容ははっきりと区別されるので注意
しましょう。例えば、around 3,800 meters の場合、正確な数字は 3,776
meters の可能性も、3,820 meters の可能性もあります。しかし、nearly
には、「もう少しで」のニュアンスがあるため、nearly 3,800 というと、
「3800にもう少しで届く」が超えてはいないことがわかります。富士
山の標高は3776メートルなので、B は nearly となります。「約〜」
の意味の around は前置詞です。
posted by 朝日出版社 at 12:36| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(44)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編12】

23.「十分な」 adequate vs. enough

◆解説◆
「量・ボリューム」について述べるときは enough が使われます。これに
対して、adequate は「量的に十分」ということを表す場合もありますが、
それよりも、ものの「質」が「満足のいく」ことを表す場合が多いです。

………………………………………………………………………………………

24.「普通の」 normal vs. ordinary

◆解説◆
normal は、反対語の abnormal「異常な」から考えるとイメージがつかみ
やすいです。「異常でない」ということなので、「正常な」「標準的な」
の意味。 go back / return to normal で「正常な状態に戻る」となりま
す。一方、 ordinary の「普通」は「平凡な」「ありふれた」に近く、修
飾されるものの性質が「一般的な範囲から逸脱していない」ことを表しま
す。
posted by 朝日出版社 at 12:01| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(43)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編11】

21.「すべての」 entire vs. whole

◆解説◆
whole も entire も「全体の」という意味ですが、ニュアンスが異なりま
す。 a whole chicken(チキン丸ごとひとつ)のように、その「(欠けた
ところのない)形」を強調したいときに使われるのが whole で、 「もれ
なくすべての」という包括的であることを表すのが entire です。

………………………………………………………………………………………

22.「おしゃれな」 fashionable vs. stylish

◆解説◆
名詞の fashion が「流行」の意味であることから、 fashionable は「流
行に乗った」なので、個性的な「おしゃれ」ではなく「流行」に焦点があ
てられる表現。反対に、stylish の方は流行しているかどうかではなく、
「センスのよさが感じられる」ということ。
posted by 朝日出版社 at 11:58| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(40)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編8】

15.「契約」 agreement vs. contract

◆解説◆
「違反した場合は損害賠償責任を負う」のように、公式文書によって交わ
されたとわかる契約には contract がふさわしいです。 We are going to
enter into an agreement with that company.(わが社はあの会社と契約
を結ぶ)のように、agreement も公的な取り決めについて使うことができ
ますが、夫婦間の約束などの「法的拘束力がない個人の契約」を表すとき
に自然なのは agreement です。

………………………………………………………………………………………

16.「景色」 scenery vs. view

◆解説◆
どちらもたいてい「美しい景色」を表す表現ですが、 view は「ある場所
から見える美しい風景」で、場所を変えれば変化する「(自分の)目に映
る景色」というイメージ。 scenery はより客観的な景観のことで、 view
よりも広範囲を指して使われることも多いです。
posted by 朝日出版社 at 11:55| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(39)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編7】

13.「目標」 goal vs. objective

◆解説◆
My goal is to learn a foreign language. (私の目標は外国語を習得す
ることです)という文を例にとると、 goal は「どの言語なのか」「達成
度」「期限」といった具体的な目標がなくても成立します。それに対し、
objective は、set an objective(目標を設定する)と言った場合、 set
a goal より具体的で数値的な達成すべき目標を設定するイメージ。 goal
を決めた後の次のステップが objective を設定することだと言えます。

………………………………………………………………………………………

14.「証拠」 evidence vs. proof

◆解説◆
proof が「ある事柄が事実である証拠」という意味なのに対し、evidence
に当たる「状況」や「情報」は「ある事柄が事実であることを示すもの」
であっても、決定的なものとは言えません。
posted by 朝日出版社 at 11:51| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(38)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編6】

11.「問題」 issue vs. problem

◆解説◆
issue には、さまざまな考え方がある「取り組まなくてはならない課題」
「議論されるべき問題」というニュアンスがあります。一方、「解決され
なければならない(厄介な)問題」については problem を使うのが適切。

………………………………………………………………………………………

12.「返答」 answer vs. reply

◆解説◆
質問や問題に対する「解答」以外に、電話やインターホン、呼びかけなど
へのとっさの答えにも使えるのが answer。 一方、reply は「きちんと考
えて出す返答」というイメージ。メールや手紙、相手からのフォーマルな
問いかけなどへの「返事」に対して使われます。
posted by 朝日出版社 at 11:50| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「類義語」の迷いを一気に解消!(37)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

【総集編5】

9.「終わらせる」 end vs. finish

◆解説◆
finish には「途中でも無理やり終わらせる」のではなく、 「(限られた量
の仕事などを)最後までやりきる」というイメージがあり、「報告書の作成
を終わらせる」なら finish を使うのが自然です。end の方は「(少し強引
にでも)切り上げる」「不本意ながら途中で終わらせる」という含みがある
言葉なので、「(関係などを)断ち切る」という意味でもよく使われます。

………………………………………………………………………………………

10.「提案」 proposal vs. suggestion

◆解説◆
友人や知人などにお薦めするレストランや子育てのコツ、転職活動のやり
方といった「比較的規模の小さい事柄の提案」に対して用いられるのが、
suggestion。一方、「合併の提案」のように、「フォーマルで比較的規模
の大きい事柄の提案」に用いられるのが proposal です。
posted by 朝日出版社 at 11:49| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする