2018年12月14日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(27)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
permeate
〜に浸透する、行き渡る

◆解説◆
語源はラテン語で「すっかり通る」です。「液体や気体が、気孔や小穴を通って物質を通り抜ける」、または「におい・考え方・影響・感情などが広がる」というような場合に使われます。be permeated with smoke(煙が充満している)などのようにも使います。

◆例文◆
Music has become virtually ubiquitous, permeating many parts of our lives. 
音楽は、ほぼどこにでもある存在となり、われわれの生活の多くの部分に浸透している。

2018年12月12日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(26)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
incipient
始まりの;発端の;〈病気などが〉初期の

◆解説◆
ラテン語からきた語で inception(始め)と語源が同じです。「in-(中に)+cip/cept(捕らえる、入れる)」という意味です。incipiency は名詞で「初期、発端」。incipient tuberculosis(初期の結核)や an incipient uprising(暴動の芽)のように使わます。

◆例文◆
We saw incipient signs of the new trend and adjusted our marketing to take advantage of it.
新しいトレンドの初期兆候が見られたので、それを利用するためにマーケティングを調整した。

2018年12月10日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(25)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
demeanor
物腰、態度

◆解説◆
類義語はbehavior。アメリカ英語では demeanor、イギリス英語では demeanour とつづる点に注意が必要です。また、「誤った、悪い」を意味する接頭辞 mis- を付けた misdemeanor は名詞で「過失、不品行、軽罪」ということです。

◆例文◆
My new boss has a very friendly demeanor.
私の新しい上司は態度がとてもフレンドリーだ。

2018年12月07日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(24)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
renounce
(権利・習慣などを)放棄する

◆解説◆
「(権利・活動・習慣などを)正式に放棄する、(所有物を)自分のものだと主張するのをやめる」という意味です。名詞形は renouncement または renunciation(放棄、断念)。

◆例文◆
He's going to rehab to renounce alcohol.
彼はアルコールを断つためにリハビリ施設に通っている。

2018年12月05日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(23)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
redress
補償、救済

◆解説◆
古期フランス語からきており、「re-(再び)+dress(まっすぐ、きちんとする=straighten、arrange)」という意味です。類義語には restitution、compensation などがあります。下の例文では名詞を扱いましたが、「(誤りや不正を)正す」や「(損害を)補償する」という意味で動詞としても使われ、redress an imbalance(不均衡を正す)などのように使われます。

◆例文◆
We've initiated court proceedings seeking redress for the damages.  
われわれは損害補償を求める訴訟手続きを開始した。

2018年12月03日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(22)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
insular
島国の;島国根性の、偏狭な

◆解説◆
ラテン語からきており、isle(島)と同語源。類義語には narrow-minded があります。「島国の」から「島国根性の、視野の狭い」という意味で使われることも多いです。名詞形は insularity(島であること、島国根性)です。 

◆例文◆
Our community is by no means insular.
われわれのコミュニティーは決して閉鎖的ではない。

2018年11月30日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(21)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
banter
(悪意のない)冗談;からかい

◆解説◆
気さくで、才気のある冗談や冷やかしを表します。derogatory banter(軽蔑的なからかい)、friendly banter(親しみのこもった冗談)のように使われる。banter with(〜と冗談を言い合う)のように、動詞としても使われます。

◆例文◆
After graduating, he missed the evenings of beer and banter with his college friends.
卒業後、彼は大学の友人たちとビールを飲みながら冗談を言い合った夜を懐かしく思った。

2018年11月28日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(20)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
sumptuous
豪華な、ぜいたくな

◆解説◆
ラテン語からきており、このsumは「取る(=take)」、ptuousは「されてしまっている状態」の意味。類義語にはopulent、lavishなどがあります。とても高価で、ぜいたくで、深い印象を与えるような感じを表します。特に、住居や食べ物などに使われることが多いです。

◆例文◆
A sumptuous meal will be served at the banquet.
その晩餐会では豪華な食事が振る舞われるだろう。

2018年11月26日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(19)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
intrepid
大胆不敵な、勇敢な

◆解説◆
語源はラテン語で「in-(否定)+trepidus(不安な)」ということ。人や行為が恐れを知らずに大胆であることを表します。類義語は bold、fearless、brave、courageousなど数多くあります。

◆例文◆
Henry was still a young man, only 20 years of age, but able, intrepid and wise.
ヘンリーは弱冠20歳の若者だったが、有能で勇敢で聡明だった。

2018年11月23日

ランクアップに不可欠! ネイティブには常識の難解英単語(18)


このシリーズでは、日本人にとっては難解だが非常に重要な単語を紹介します。取り上げるのは、ネイティブなら当然知っているものばかり。
今まで一度も見たことのない単語、見たことはあるがうろ覚えの単語は、この機会にまとめて覚えてしまいましょう!

● 上級レベル ●
plethora
大量、過多

◆解説◆
元々は医学用語で「多血症、赤血球過多症」という意味だが、現在は「大量」の意味で口語でも普通に使われています。特に a plethora of(大量の)をよく見かけます。類義語は overabundance、excess、glutなどです。

◆例文◆
We've received a plethora of customer complaints.
お客様からのクレームを大量に受けた。