2016年08月31日

この擬態語、英語で何と言う?(6)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 飲み物・食べ物の様子 ●
dry cake
ぱさぱさのケーキ

◆解説◆
「ぱさぱさ」とは乾燥している状態なので、単純にdryで表せます。反対に、「しっとり」なら moist を使います。ちなみに、「ぱさぱさの髪」も dry を使ってdry hair と言えます。

◆例文◆
A: Here--I kept this piece of cake for you.
B: This is really dry. How old is this cake?
A: どうぞ。このケーキ取っておいたよ。
B: すごくぱさぱさしてるわね。これいつの?

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

この擬態語、英語で何と言う?(5)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 飲み物・食べ物の様子 ●
crispy lettuce
シャキシャキのレタス

◆解説◆
ポテトチップスの「パリパリ」やベーコンの「かりかり」にも crispy が使われます。ちなみに、野菜の鮮度の保持に使われる冷蔵庫の「野菜室」のことを英語で crisper と言います。

◆例文◆
A: Do you want some more salad?
B: Yes, please! This crispy lettuce is really tasty.
A: サラダをもう少しいかが?
B: ぜひ! このシャキシャキのレタスが本当においしいですね。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

この擬態語、英語で何と言う?(4)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 飲み物・食べ物の様子 ●
chewy bread
もちもちしたパン

◆解説◆
「ねばねば」してくっつく感じは gooey や sticky で表現することができます。ただし、gooey は「ピーナツバター」のようなクリーム系のものにも使えることに注意しましょう。

◆例文◆
A: You don't like natto?
B: No. Apart from its terrible smell, I don't like any gooey food.
A: 納豆、好きじゃないの?
B: 嫌いだね。あの強烈なにおいもそうだけど、ねばねばした食べ物がすべて嫌いなんだ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

この擬態語、英語で何と言う?(3)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 飲み物・食べ物の様子 ●
chewy bread
もちもちしたパン

◆解説◆
chewy と聞くと、日本人は「チューインガム」を思い出し、「なかなか噛み切れない、噛み応えのある」といった意味をイメージするかもしれません。実は chewy の意味はもう少し広く、「もちもちした」にも使うことができます。また、「もちもちした肌」、つまり「弾力と張りのある肌」は firm skin と言います。

◆例文◆
A: This café has the best sandwiches.
B: Yeah. I love the chewy bread they use.
A: このカフェのサンドイッチは最高ね。
B: うん。もちもちのパンがいいんだよね。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

この擬態語、英語で何と言う?(2)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 飲み物・食べ物の様子 ●
piping hot oden
あつあつのおでん

◆解説◆
水を沸騰させたり、煮物が煮立ったりしたときのかん高い音を piping といいます。「そんな音が出るくらい熱い」という意味で、「あつあつ」のものには piping hot という表現がよく使われます。

◆例文◆
A: Ow! I burned my tongue!
B: I told you to be careful. It's piping hot.
A: あっ! 舌をやけどした!
B: 気をつけるように言ったでしょ。あつあつなんだから。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

この擬態語、英語で何と言う?(1)



このシリーズでは、
「さくさくこなす」「きゅんきゅんする」など、習得すれば必ずスピーキングに役立つ擬態語・擬音語の英語表現を取り上げます。意外と知っている単語で言えてしまうことも。苦手意識を持たず、ひとつひとつ確認していきましょう!

● 飲み物・食べ物の様子 ●
frosty beer
きんきんに冷えたビール

◆解説◆
よく冷えた状態は、frosty、あるいは ice-cold を使って表現できます。frosty は「霜、結氷」という意味の frost の形容詞形です。「きんきん」よりも冷たさが軽減する「ひんやり」なら icy がよいでしょう。「ひんやりした風」なら、chilly wind のように言えます。

◆例文◆
A: What are you doing after work?
B: I'm going to beat this heat with a frosty beer or two.
A: 仕事が終わったら何するの?
B: きんきんに冷えたビールを1、2杯飲んでこの暑さを吹き飛ばすよ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この擬態語、英語で何と言う? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

十人十色! 性格を表す英語表現(57)



このシリーズでは、
「前向き」「内気」「まじめ」「ずぼら」など大きく9つにタイプ分けした「性格」に関する英語表現を取り上げます。あなたの周りにいる「○○な人」を頭に思い浮かべながら、ひとつひとつの形容詞が持つ意味とニュアンスを確認していきましょう。

● 総集編H だらしない・がさつな ●

sloppy
総じてだらしない
A: There's always something wrong with his paperwork.
B: Yeah. He's very sloppy in his work.
A: 彼の書類には、いつも間違いがあるわね。
B: ああ、仕事に関して、とっても雑だからね。

untidy
無精
A: Have you ever been to his apartment? You can barely move without stepping on something!
B: Yeah, I know. He's pretty untidy.
A: 彼のアパートに行ったことある? 足の踏み場もないくらいだぜ!
B: そうよね。彼はかなり無精だから。

abrasive
無神経、がさつ
A: No one seems to like Bob much.
B: That's because he's so abrasive with his remarks.
A: ボブって、みんなからあまり好かれてないみたいね。
B: だってあいつったら、言うことがすごく無神経なんだもの。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 十人十色! 性格を表す英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

十人十色! 性格を表す英語表現(56)



このシリーズでは、
「前向き」「内気」「まじめ」「ずぼら」など大きく9つにタイプ分けした「性格」に関する英語表現を取り上げます。あなたの周りにいる「○○な人」を頭に思い浮かべながら、ひとつひとつの形容詞が持つ意味とニュアンスを確認していきましょう。

● 総集編G わがまま・自分勝手・手のかかる ●

selfish
自己中で利己的
A: Every time I go Christmas shopping, I end up just buying stuff for myself.
B: Really? I didn't know you were so selfish.
A: クリスマスの買い物に行くと、結局自分の物を買うだけで終わっちゃうの。
B: 本当? 君がそんなに自己中だとは知らなかったよ。

headstrong
わがままで強情
A: Jimmy's difficult to control in the classroom.
B: I know. He's very headstrong.
A: ジミーは教室でなかなかおとなしくしてくれないの。
B: わかるよ。ほんとに聞き分けのない子だからなあ。

naughty
言うことを聞かないいたずらっ子
A: John's always getting into things and messing up the house.
B: He sounds like a naughty little boy.
A: ジョンはいつも家をあちこち荒らして、散らかすんだよ。
B: やんちゃな男の子みたいね。

high-maintenance
手間やお金がかかる人
A: I have to text my girlfriend every 15 minutes.
B: Wow. It sounds like she's pretty high-maintenance.
A: 15分おきにメールしろって彼女に言われてるんだ。
B: それってすごい! 相当手間のかかる人なのね。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 十人十色! 性格を表す英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

十人十色! 性格を表す英語表現(55)



このシリーズでは、
「前向き」「内気」「まじめ」「ずぼら」など大きく9つにタイプ分けした「性格」に関する英語表現を取り上げます。あなたの周りにいる「○○な人」を頭に思い浮かべながら、ひとつひとつの形容詞が持つ意味とニュアンスを確認していきましょう。

● 総集編F 怒りっぽい・気分屋 ●

short-tempered
短気
A: It seems every time I see Beth she gets angry at something trivial.
B: Yeah−she's a bit short-tempered.
A: べスって、会うといつでも何かささいなことに怒るのよ。
B: そうなんだよ。少し短気なところがあるね。

irritable
すぐにイライラ
A: It's difficult to joke around with Mike.
B: That's because he's always so irritable. He doesn't have a sense of humor and he takes things too seriously.
A: マイクとはふざけたりしにくいんだ。
B: 彼、すごくイライラしやすいからよ。冗談が通じなくて、何でもまじめに受け止めるんだもの。

touchy
さわるな危険
A: How can you say that to me?
B: Don't be so touchy! I didn't mean to offend you.
A: よくもそんなことが私に言えるわね。
B: そんなに神経質になることないじゃないか! 別に悪気があったわけじゃないんだから。

high-strung
いつもピリピリ
A: Greg always looks nervous.
B: Well, he had a difficult childhood. It's left him pretty high-strung.
A: グレッグって、いつも神経質に見えるね。
B: まあ、彼ってつらい子ども時代を送ったのね。そのせいで、とってもピリピリしているのよ。

testy
なぜかカリカリ
A: John would be easier to get along with if he weren't so angry all the time.
B: Yes. He is very testy.
A: ジョンって、いつもあんなに不機嫌でなければ、もうちょっと仲良くできるのに。
B: そうだね。彼はたしかに怒りっぽいな。

temperamental
気分屋
A: It's always hard to predict what mood Sam will be in.
B: Yeah−he's very temperamental.
A: サムの機嫌を予測するのは、いつだって至難の業だよ。
B: ええ――彼って、相当な気分屋ですもの。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 十人十色! 性格を表す英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

十人十色! 性格を表す英語表現(54)



このシリーズでは、
「前向き」「内気」「まじめ」「ずぼら」など大きく9つにタイプ分けした「性格」に関する英語表現を取り上げます。あなたの周りにいる「○○な人」を頭に思い浮かべながら、ひとつひとつの形容詞が持つ意味とニュアンスを確認していきましょう。

● 総集編E 優しい・穏やか ●

empathetic
親身になってくれる人
A: I always donate to charities.
B: That's great. You must be a very empathetic person.
A: いつもチャリティーへ募金しているの。
B: それはすばらしい。君は本当に優しいんだね。

sympathetic
気持ちをわかってくれる優しい人
A: I'm sorry about your cat. I've never had a pet, but I know you loved him very much.
B: Thank you for being sympathetic.
A: 君の猫のこと、残念だったね。僕はペットを飼ったことはないけど、君があの子を愛していたのはよくわかるよ。
B: 気持ちをわかってくれてありがとう。

considerate
思いやりのある人
A: I always hold the door open for the person behind me.
B: You're very considerate.
A: 後ろから来る人のために、いつもドアを持って開けておくのよ。
B: 君はすごく思いやりがあるんだね。

understanding
わかってくれる、許してくれる
A: Is your boss OK with you missing so much work to care for your mother?
B: Yes. She's been very understanding about the whole situation.
A: お母さんの世話でかなり仕事を休むことについて、君の上司は問題ないって言ってくれてるの?
B: そうなの。彼女はすごくいい人で、事情をわかってくれてるの。

loving
気持ちをわかってくれる優しい人
A: Mark's kids are always so nice to each other. I've never seen them quarrel.
B: Well, Mark and his wife are very loving parents, so I'm sure that has a lot to do with it.
A: マークの子どもたちはいつもお互いのことを思いやってるよね。けんかしているところなんか見たことない。
B: ええ、マークと奥様はとても愛情深い親だから、そのことがすごく関係してると思うわ。

mild-tempered
いつも穏やかな心を保っている
A: I've never seen Steve really happy or really angry.
B: Yeah−he's very mild-tempered.
A: スティーブがすごくうれしそうにしているところとか、
かんかんに怒っているところとか、見たことがないわ。
B: ああ、彼は性格がとても穏やかなんだよ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 十人十色! 性格を表す英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする